一国一城の主という目標をより近づけるために

フランチャイズビジネスのメリットは「看板」

現在、会社員として勤務している人の中には、独立をしたいと思っている人がいます。フランチャイズを利用することで、何を売れば良いのかを明確にしたり、有利に取引ができる仕入れ先を確保することができます。また同じような商売をしても、知名度の高いフランチャイズの名前を出して商売ができることは非常に有利になります。もちろん日々の営業の中で努力することが大切ですが、長い時間をかけて獲得していく信頼が商売を始めた当初から備わっているのです。ロイヤリティーの存在や、店舗経営者の過重労働が問題にはなっていますが、それでも大手企業の看板は重要なものです。

自分の好きなこと、実績のあることを仕事に

フランチャイズ本部の看板があるとは言え、商売の主体になるのは自分自身です。本部は販促の提案を行ってはくれますが、実際に現場に落とし込んでいくのは経営者本人です。

料理をしたことが無い人が飲食店を経営しても商売として成功するのは難しいでしょう。それは具体的に料理が作れるかだけではなく、飲食業全般に関する知識量も乏しいからです。これはコンビニなどの小売業や、清掃などのサービス業でも同じことで、ライバルに勝つための知識や実務の能力が必要になります。これまでの仕事と近い業種や職種であれば、商売を始めた段階から一定のアドバンテージをとることができるでしょう。

同業他社は全てリサーチを

商売の内容が決まったら、関係する会社は全て調べましょう。同じ業界でもそれぞれに条件は異なり、ライフスタイルに合わせたチェーンを選べば有利になります。営業時間の縛りがきつい会社や緩やかな会社、ロイヤリティーが多い会社や少ない会社など、それぞれ話を聞いてみないとわからないものです。

代理店は、ある程度売れることがわかっているアイテムやサービスを売るので、効率良く大きな利益を得ることが出来ます。