身近な印刷物は、どんな方法で印刷されている?

4つの基本的な印刷方法

周りを見渡せば、雑誌や封筒、ポスターなど生活の中には様々な印刷されたものがあります。印刷方法には基本的に「平版印刷(オフセット)」「凸版印刷(活版)」「凹版印刷(グラビア)」「孔版印刷(スクリーン)」の4つの印刷方法があります。雑誌やポスターなどの印刷は「平版印刷(オフセット)」によって印刷されます。水と油が反発する作用を利用する方法で、インキを画線部に着かせ、それ以外の部分は水と反発する作用を使ってインキを弾く仕組みで印刷します。版から直接印刷するのではなく、ブランケットに転写してから印刷を行うためオフセットと呼ばれています。印鑑や木版画の原理で、凸凹のある版の凸の部分にインキを着け加圧して印刷する方法が「凸版印刷(活版)」です。以前は雑誌や新聞などにも使われていた方法ですが、現在では主にハガキや名刺などに使用されています。「凹版印刷(グラビア)」は包装用のフィルム資材やグラビアに使われている方法です。凹部分にインキを詰め込む方法で、深さによって表現が違ってくるため画像に適した方法です。スクリーンにインキを乗せて転写する方法の「孔版印刷(スクリーン)」は、紙だけでなく布やゴムなどにも印刷できます。

身近なオンデマンド印刷

一般の個人でもなじみがあるインクジェットのプリンターはオンデマンド印刷と呼ばれているものです。ノズルからインキを吹き出して、紙に小さい点で文字や画像を印刷します。シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色でほとんどの色を印刷することができますが、最近ではライトシアン・ライトマゼンタ・ライトイエローなどの薄い色のインクを加えて更に色を表現できるようになってきています。

封筒印刷を依頼する場合、インターネット注文に特化している印刷業者を選ぶことで、いつでも気軽に依頼できるほか、スピーディーな納品も期待できます。