白色申告と青色申告で異なる確定申告でのメリットとデメリット

白色申告で確定申告をするメリットは少なくなった。

個人事業主にとって、確定申告の提出は一大イベントになるほど苦労をする人も多くいます。確定申告の方法には、白色申告と青色申告がありますが、最も簡易的に提出ができるのが白色申告になっています。一方で青色申告は節税効果も高くなる事がメリットになりますが、提出書類の多さや作成が複雑な事から白色申告を利用している人もいました。現在は、税法が変わったので、白色申告の人も帳簿への記帳や帳簿と書類の保管が義務付けられました。したがってこれまでは必要のなかった工程を行う事になるのですから、税務上で何もメリットのない白色申告を利用するのはあまり得策ではないという判断になるといえます。

青色申告のメリットは多いが、手間がかかるのが難点

税務用のメリットを活用するのであれば、間違いなく青色申告になりますが、簿記の知識がないという人や提出書類をまとめる事が困難だという人も多いと思います。確かに税務上で最も理想の65万円控除は個人事業主にとっては、魅力的な事になりますが、複式簿記などの記帳方法がわからない場合は専門家に依頼をする事になってしまい、費用がかなりかかる事もあります。また、自分自身で確定申告を行えたとしても、実際の仕事上の売り上げに影響がでるような時間の取り方をしてしまっては、せっかくの税金対策も本末転倒になってしまいます。そこで、利用をするのが10万円控除という確定申告の方法になります。この方法は、青色申告に違いはないので、提出書類に関してはほぼ同様になりますが、簡易簿記の提出ですむ事から、決済月の時には買掛や売掛などが発生しますが、それ以外は月末に合わせて行う事で充分に対応ができるようになるといえます。

白色申告は2つ以上の事業所で働いている人や、所得税の還付を受けられる人などが利用します。低所得であっても、条件が合えば申告することが義務になる場合があるので注意が必要です。