営業代行はこんなに便利!役立つ活用方法とは

営業代行サービスを利用する理由とは?

営業代行サービスを利用する企業が増えています。これまでは、営業力イコール会社の能力という図式がありましたし、営業力が高い会社ほど社会的地位は高いとみられていました。けれども今では、アウトソーシングを利用することが多くなっています。社内で営業スキルやノウハウを培うことなく、委託サービスを利用する理由はコストパフォーマンスが高いからです。営業マンの人件費は非常に高く、その割に得られる成果が安定しないことが背景にあります。

営業代行サービスの果たす役割とは

営業代行サービスはスタッフに専門教育を施すことで、あらゆる営業活動に対応できるものです。例えばテレアポによって見込み客を作る場合、この代行サービスを利用すれば自社の営業マンは訪問活動に専念できるわけです。このようにクロージングにつながる活動を委託できるのが、営業代行サービスの特徴と言えます。

営業代行サービスのメリットとデメリット

営業代行サービスのメリットは、必要な時に必要な人員を確保できることです。例えば新規に会社を立ち上げた時に、新規顧客を早期に獲得するために多くの代行スタッフに依頼することができます。オープニングスタッフとして大量に人材を確保する必要はありません。あるいはキャンペーンを展開する場合にも、一時的にスタッフを調達することができます。このような営業スタッフを雇うとなればコストがかかりますし、また教育にもお金と時間がかかります。このようなコストが不要となるメリットがある反面、社内に営業ノウハウが蓄積されないのはデメリットと言えます。

新商品を販売するために営業力を強化する場合には、営業代行業者を活用して、セールスのアウトソーシングを行うのが効率的です。