社員研修を成功させる!知っておくべき前準備とは

社員研修は何故成果が出にくいのか?

社員教育のために必要な社員研修は、多くの企業が実践しています。けれどもその中には、思うような成果が出ないと感じる会社も多いのではないでしょうか。あるいは社員研修は形骸化され、単なる行事として済まされるケースもあるでしょう。ここで気づくのは、その大半が原因は研修を受ける社員側の心構えにあると考えていることです。確かに、有名な外部委託の研修を受けるのであれば、成果が出ない方がおかしいと考えても無理はありません。けれども実は、成果が出ない原因は別のところにあるのです。

社員研修には前準備が必要

社員研修を行うためには、実は前準備が非常に重要です。まず研修を受ける社員が属する部署でヒアリングを行い、どのようなスキルを身につける必要があるのかを確認します。たとえどれほど有名な講師の研修を受けても、それが実際の業務で生かされないのであれば意味がないからです。そしてそのスキルを習得するための研修を的確に選ぶことが大事です。次に行うのは、研修を受ける社員に対する通知です。社員研修が行われることだけを通知するのはいけません。必ず、何故その研修が必要なのかを説明する必要があります。つまり受ける側に目的意識がなければ、講習を受けても頭に残らないということです。

社員研修が会社の理念に沿っているか?

最後に大切なことは、受ける社員研修が会社の経営理念に沿ったものであるか確認をすることです。社会貢献を理念とする会社が、利益追求を

第一とするような研修を選んではいけないということです。このような研修を受けると、社員は混乱してしまいます。その点には注意をすることが大事です。

社員研修には、ただ社員の能力を伸ばすだけでなく、会社への帰属意識を高めるという役割があります。転職が当たり前になった今だからこそ必要とされていると言えます。