営業を代行する?アウトソーシング営業って何?

営業を代行するアウトソーシングサービス

アウトソーシング営業は営業代行とも呼ばれているサービスで、名前の通りその企業の営業業務の一部もしくは全般を専門の業者に委託するものです。代行業者は報酬をもらう代わりに営業活動を行って利益を出す契約になっていて、どの程度代行するのか、どんな業務を行なうのかによって種類が複数あります。

ちなみにアウトソーシング営業で派遣されたスタッフの指揮権はあくまでも業者側となっているので、委託した業務以外の指示や指揮は業者側に注文するところが特徴です。

アウトソーシング営業のメリットは?

アウトソーシング営業のメリットは何と言っても「人手不足を解消できる」ところにあります。アウトソーシング営業の業者は営業関連のスキルや技術を身につけているプロフェッショナルなので教育しなくてもすぐに実践投入できますし、手軽な人手不足の解消を図れます。

また営業業務を業者に委託して他の社員は別の仕事に取り掛かるようにすれば効率よく業務を進められるので、業務の円滑化という点でもメリットになっているのです。

営業派遣とは堂違うの?

同じようなサービスとして「営業派遣」と呼ばれているものがあるのですが、営業派遣の場合は営業を希望する人材やスキルを身につけている人材を派遣してもらえるサービスになります。そのため業務委託をするのではなく人材を提供してもらうだけになるので、他のスタッフ同様に営業の仕事をします。

営業代行と営業派遣の大きな違いは指揮権がどちらにあるかで、営業代行は上記で述べたように業者側にありますが、営業派遣の場合は指揮権は派遣先である企業が持つようになっているのです。

営業代行とは、ある程度のスキルやコネクションが必要な営業活動を、外部の専門企業に委託することにより、自社での営業活動にかけるコストを低く抑えることができるものです。