自営業とは本当に大変なもの、しかし成功した時の達成感は格別

自営業の大変さについて

学校を出て安定した企業に就職したり、倒産の心配がない公務員になることに対して、若いうちから自営業者(個人事業主)としてスタート、もしくは会社から独立して自営業を始めることは本当に大変なものです。特に若い人は自営業者の大変さを知らず、社会のことをあまり知らない状態で個人で事業を始める人が多いので、例えば自分が学校で勉強ができたから、どうせ自分でビジネスを興しても必ず成功するだろうという予測で安易に自営業を始めてしまう人も多いのだと思います。しかし、実際にはビジネスで成功するには様々な経験や知識、そして一部の天才を除いてはたくさん失敗をしながら少しずつ経営術を磨いていく必要があります(成功への近道とはなかなか無いもの)。そして、軌道に乗るまでは資金難で苦しむ場合も多く見られ、本当に精神的に追い込まれる場合もあるものです。なので若い人が自営業を始めたい場合は、自分の経営能力が向上して軌道に乗るまではかなりの低収入に陥ることまで想定し、5年から10年くらいは何とか生活していける貯金を貯めておく必要があります。逆に言うと、貯金なしで若い人が事業を興すのは危険です。

自営業で成功した後に感じる達成感

公務員はただ黙々と事務的な作業をこなして、人としてあまり成長することができないまま、高齢者になってしまう人も多いと思いますが、自営業で何年も苦しんだ末にようやく成功出来た際は、何ものにも代え難い達成感を感じることができ、自信を持ってその後の人生を生きていくことができるようになります。なので、本当に様々な部分で苦しむことを覚悟できている人であれば、あくまで貯金を貯めてからの話ですが、自営業とはとてもチャレンジしがいがあるものです。

独立開業したいけれどノウハウがわからないといった場合に、手助けとなるのが「フランチャイズ」と呼ばれるビジネス形態です。コンビニや飲食チェーン店・塾やエステなど様々な業界でこの形態が活用されています。