青色申告と白色申告の違いを知っておくと、こんなにお得

確定申告には青と白があります

フリーランスや個人事業を行っている場合、確定申告には青色申告と白色申告があります。白色申告は事業を始めたばかりの方が選ばれる方法で、青色申告のように事前に申請する必要がありません。そして、提出する書類も少なく、帳簿についても簡易なもので十分とされています。ただし、白色申告には青色申告で受けられる特典がありません。

面倒だけれど青色申告が得です

白色申告と違い、青色申告では事前に近い税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。申請書は税務署へ出向いて受け取るか、国税庁のホームページからダウンロードすることも可能です。この青色申告承認申請書の提出には期限があり、新規に事業を始めた場合と、白色申告から青色申告に切り替える場合とで異なります。1月1日から15日までに開業した場合は、3月15日までに提出します。1月16日以降ならば、開業日から2ヶ月以内が期限となります。これまでは白色申告だったものを青色申告に変える場合は、変更する年の3月15日までに提出しなければなりません。

白色申告と青色申告のメリット

白色申告では、事前の申請を必要としません。そして、年間の売り上げから経費を引いた事業所得から税金を払います。ですので、提出する書類は、収支内訳書と確定申告書の2つだけ、青色申告のように複式簿記の帳簿を付ける必要もありません。青色申告のメリットは赤字を繰り越せる(3年間)ことや、特別控除として10万円か65万円の節税ができます。さらに、親族への給与を経費として(専従者給与)計上でき、また小額減価償却資産の特例として、10万円以上のものを購入したとすると30万円未満であれば、その年度の経費として一括して落とすことが認められています。

自営業やフリーランスの人にとって青色申告は税金を抑えるための重要な手段です。サラリーマンと違って節税できる範囲が広いです。